Archive for 10月, 2013

メキシコでの衝突   no comments

Posted at 11:04 am in 未分類

教師が機動隊非常線を通り抜けようとしたとともに噴出させられた衝突。
教師は、メキシコのリーダーが防御するメキシコシティ通り監視をシャット・ダウンします、教育改革に対するそれらの最新の抗議がメキシコシティで交通を停止させたので、学校改革は、メキシコの教師が警察とガチャンと鳴らした学校改革に関するメキシコで衝突します。
同様の抗議は、エンリケ・ピーナNieto大統領の改革の最終承認の一日後に、国中で水曜日に起こりました。
メキシコの教師は、改革に何か月も抗議しています。それは国の強力な組合を怒らせました。
導入されている変更の中には、教師に対する実行関連のテストがあります。
批評家は汚れていて仕事割付けに対するあまりにも多くのコントロールをしていることで教師のメキシコの組合を非難します。
抗議者が都市の空港への主要道路上への方法を強要しようとしたとともに、衝突は水曜日に勃発しました。
「ずんぐりそっている」
教師はエンリケ・ピーナNieto大統領の官舎およびオフィスに向かって行進しました、Losピーノ、しかし彼の補佐によってのみ受け取られました。
彼らがけんつくと考えたものによって怒って、それらは、衝突の口火を切ったメキシコシティの主要道路のうちの2つを閉鎖しようとしました。
ゲレロ、アグアスカリエンテス、ミチョアカンおよびタバスコのような10を超えるメキシコの州にさらに抗議がありました。
その改革は、教師の組合(ナショナル・エデュケーション労働者調整者(CNTE))によって反対されました。それは、レイオフを集中させるためにそれらがリードするだろうと言います。
先週、何千ものそのメンバーが法案の通行を分裂させようとして、上院の外部で抗議しました。それは下院によって既に承認されていました。
政府は、教職に対する結合コントロールが腐敗(それは貧弱に訓練された教師がもっと資格のある同僚上に促進されたのを見た)に寄与したと主張しました。

Written by youare on 10月 28th, 2013

初恋の彼。   no comments

Posted at 3:21 pm in 未分類

私は父の仕事の関係で3回転勤を経験しました。
生まれた故郷の町よりも、中学3年~現在も住んでいる都会の街が、結局今までで一番長く住んでいる街です。

故郷には生まれてから約8年いたのですが、小学校で初恋の男の子に出会いました。
恐らく彼にとっても、初恋だったのだろうと思います。
私の記憶では1,2年生が同じクラスで、3年生の時にはクラスが分かれてしまい、そして6月頃に私が離れた町に転勤したんです。

同じクラスにいた頃で、ある日彼から好きだよ、付き合おうかみたいなことを言われました。今思うと、7歳かそこらでどんだけマセガキなんだっていう…。
付き合うと言っても一緒に遊んだり、お互いのお家に遊びに行ったりと本当に子供らしく普通でした。
転勤が決まり、仲良しだったので子供ながらに突然の別れというのは、辛かったと思います。
最初の頃は手紙や年賀状でやり取りしていたのですが、だんだんと連絡が途絶えてしまっていました。

それから私も20歳を迎えて成人したその頃、ちょうどpcmxが流行り始めた頃だったか、高校の友人に誘われたのをきっかけに私もpcmx公式キャンペーンから始めたんです。
そんな時偶然、プロフィールで出身地を載せていて、私と同じ出身地で同い年の男の子と知り合う機会がありました。
故郷は小さな町なので高校は確か2つしかありません。小学校や中学校も多くはありません。もしかしたら初恋の彼のことを知っているかも!?
まさかとは思ったんですが、なんとその人は彼のことを知っていたんです。
学校が同じになったことはないけど、共通の友人がいて何度か遊んだことがあると。
本当に驚きました。世界はなんて狭いんだと実感したのはこの時ですね。
そこから初恋の彼の連絡先を知ることができて、メールで連絡を取り、ちょうど彼も大学に通うために同じ街に来ているから
会おうということになりました。約12年ぶりの再会です。

再会した彼は、背がうーんと伸びて立派な、それもパッと見爽やかな好青年に成長していました。
運命の再会というものは、こういう事を言うのでしょうか。
何度か会って自然と付き合う形になり、私の実家にも連れて故郷の懐かし話で盛り上がり、
彼が夏休み実家に帰省する際に私もついていき、久しぶりに故郷を訪れて彼の実家にも遊びに行かせてもらいました。
久しぶりに見た故郷での星空は、現在住んでいる都会の星空よりも遥かにキレイで、人生初の流れ星を見てすごく感動しました。

一緒に花火大会に行ったり、一人暮らしの彼の家にお泊りに行ったりと幸せな日々を過ごしてはいたのですが、
徐々に彼が先約の私との予定よりも先輩などとの方を優先するようになってしまい、私の心も離れていき私から別れを告げました。
去年Facebookで見かけた時は、故郷に戻り同じ管内のさらに小さな町役場で働いているとのことでしたが、直接連絡を取ることはなく、
その後の彼のことはわかりません。
初恋はキレイな甘い初恋の思い出のままの方が良いのかな?とも思いましたが、運命的に再会できたことは新しく淡ーい思い出でもあるのでしょうね。

Written by youare on 10月 13th, 2013

ステロイドが問題を悪化させる   no comments

Posted at 11:01 am in 未分類

肥沃科学者は、なぜ何人かの女性が失敗を繰り返したか理解する際に、彼らが「重大な進歩」をしたと言います。
ステロイドを与えることが多胎妊娠を失った女性を助けるだろうかどうかに関して、討論がありました。
最低値ステロイド・レベルがいくつかの流産にどのように結びつくか、今彼らが示したと研究者が言うウォリックの大学。
エキスパートは、ステロイドがその問題をより悪くするかもしれないので、治療に適切な女性の識別がキーだろうと言いました。
7つの妊娠のうち1つ以上は流産に終わります。
多くの女性が、成功裡に次の試みで赤ん坊がいるでしょう。しかし、再現する流産(連続3つ以上の妊娠を失って)は、英国で100のうち1つに影響します。
ウォリックの大学からの教授Siobhan Quenbyは次のように言いました:
「それは信じられない心理的苦悩および激痛を引き起こします。
「英国の型通りの助言は、血液検査がそのとき原因を確認しないかどうかです、治療(それは患者にひどく承諾しがたい)はありません。」
ステロイド?
免疫系の一部に集中した科学的な討論はNK細胞を呼びました。それが流産する何人かの女性の子宮中のより高いレベルに現われます。
ステロイドがこれらの女性を助けることができたという提案がありました。しかし、NK細胞がどのように流産を引き起こすかもしれないかは明らかではありませんでした。また、それらは胎児が子宮を中へ注入するのに重要であると知られていました。
その考えは、大規模な臨床試験で完全にはテストされませんでした。
本記を読み続けます。

「私は、これは再現する流産についての理解中の重大な突破口であると思います。それは臨床試験への道です。」

今、臨床の内分泌学および新陳代謝のジャーナル中で公表する研究者は、NK細胞が単に何かのマーカーであると信じます、子宮裏のより多くの重大事件。
テストは、低いステロイド・レベルが子宮自体を胎児を受理し、かつそれが注入する胎児を育てる方法を破損する見込みをなくすることを示唆します。
これらのプロセスは、次にはより高いNK細胞レベルに結びつきます。
教授Quenbyは次のように言いました:
「数年間の論争および疑問の後、私たちが重大な突破口をしているので、この仕事は実際に刺激的です。」
注意
彼女は、3人の女性のうち1人までが高いNKレベルを持っておりステロイドがそれらを支援するかどうかテストするために今臨床試験を要求している、と言いました。
一方、彼女は、女性がそれら自身を扱おうとして、ステロイドを同じようにあまり買っているべきでないと言いました、さらに流産に結びつくかもしれません。
「それは実際に重要な女性です、外出せず、ステロイドをとらない、それがより多くの危害を加える場合、それらはカテゴリーにあるかもしれません。」
ニックMacklon(サザンプトンの大学の婦人科医学および産科学の教授)は、フィールドが流産中で起こっていたことについての理解を欠いていたと言いました。
彼はBBCに伝えました:
「これは再現する流産についての理解中の重大な突破口です。それは臨床試験への道です。
「しかし、これが示すことは、ステロイドがすべてに与えられるべきでないということです。私たちは、それが、それらが与えられる前の女性の中の問題であると確信する必要があります。」

Written by youare on 10月 12th, 2013