初恋の彼。   no comments

Posted at 3:21 pm in 未分類

私は父の仕事の関係で3回転勤を経験しました。
生まれた故郷の町よりも、中学3年~現在も住んでいる都会の街が、結局今までで一番長く住んでいる街です。

故郷には生まれてから約8年いたのですが、小学校で初恋の男の子に出会いました。
恐らく彼にとっても、初恋だったのだろうと思います。
私の記憶では1,2年生が同じクラスで、3年生の時にはクラスが分かれてしまい、そして6月頃に私が離れた町に転勤したんです。

同じクラスにいた頃で、ある日彼から好きだよ、付き合おうかみたいなことを言われました。今思うと、7歳かそこらでどんだけマセガキなんだっていう…。
付き合うと言っても一緒に遊んだり、お互いのお家に遊びに行ったりと本当に子供らしく普通でした。
転勤が決まり、仲良しだったので子供ながらに突然の別れというのは、辛かったと思います。
最初の頃は手紙や年賀状でやり取りしていたのですが、だんだんと連絡が途絶えてしまっていました。

それから私も20歳を迎えて成人したその頃、ちょうどpcmxが流行り始めた頃だったか、高校の友人に誘われたのをきっかけに私もpcmx公式キャンペーンから始めたんです。
そんな時偶然、プロフィールで出身地を載せていて、私と同じ出身地で同い年の男の子と知り合う機会がありました。
故郷は小さな町なので高校は確か2つしかありません。小学校や中学校も多くはありません。もしかしたら初恋の彼のことを知っているかも!?
まさかとは思ったんですが、なんとその人は彼のことを知っていたんです。
学校が同じになったことはないけど、共通の友人がいて何度か遊んだことがあると。
本当に驚きました。世界はなんて狭いんだと実感したのはこの時ですね。
そこから初恋の彼の連絡先を知ることができて、メールで連絡を取り、ちょうど彼も大学に通うために同じ街に来ているから
会おうということになりました。約12年ぶりの再会です。

再会した彼は、背がうーんと伸びて立派な、それもパッと見爽やかな好青年に成長していました。
運命の再会というものは、こういう事を言うのでしょうか。
何度か会って自然と付き合う形になり、私の実家にも連れて故郷の懐かし話で盛り上がり、
彼が夏休み実家に帰省する際に私もついていき、久しぶりに故郷を訪れて彼の実家にも遊びに行かせてもらいました。
久しぶりに見た故郷での星空は、現在住んでいる都会の星空よりも遥かにキレイで、人生初の流れ星を見てすごく感動しました。

一緒に花火大会に行ったり、一人暮らしの彼の家にお泊りに行ったりと幸せな日々を過ごしてはいたのですが、
徐々に彼が先約の私との予定よりも先輩などとの方を優先するようになってしまい、私の心も離れていき私から別れを告げました。
去年Facebookで見かけた時は、故郷に戻り同じ管内のさらに小さな町役場で働いているとのことでしたが、直接連絡を取ることはなく、
その後の彼のことはわかりません。
初恋はキレイな甘い初恋の思い出のままの方が良いのかな?とも思いましたが、運命的に再会できたことは新しく淡ーい思い出でもあるのでしょうね。

Written by youare on 10月 13th, 2013