夏と弁護士   no comments

Posted at 10:31 am in 未分類

この夏は本当に暑く35度を超える日も少なくはありません。
暑いがゆえにエアコンを使いすぎてしまって電気代が
数万円!なんて方も居るのではないでしょうか。
私もその一人で、出来れば涼しく快適に節電したいと思っています。
それで色々と調べていたら、DCモーターという新しい扇風機を発見しました!
扇風機には弱中強と一般的には3段階の風量が選べるのですが、
以前のモーターの場合、それらの消費電力に差が少なく電気代が無駄になっていました。
しかし、DCモーターの場合は段階ごとの消費電力がはっきりと分かれているので、
弱や中の電気代が従来の扇風機よりも安く収まるそうです。
最近は1万円を切る物まで出ているので、欲しいなと思う今日この頃です。。

また、夏と言えば、増えると言われているのが性犯罪です。痴漢や盗撮事件が増加するらしいです。
暑くなって開放的な気分になってしまうのでしょうか?
いずれにせよ、罪を犯せば色々なものを失います。仕事、信用、お金、家族。信頼を築くのは大変ですが、壊すのは一瞬です。
被害者に迷惑をかけないというのは当然ですが、自分のためにも自制してほしいところです。
それでも、罪を犯して逮捕されてしまったり、刑事裁判となった場合は、弁護人をつけるようにしましょう。警察署で自由に接見できるのは弁護士だけですし、やはり法律のプロは違います。
一般人だと、はじめてのことでいったいどうしたら良いかわからないことだらけですが、弁護士が1人ついてくれただけでものすごく安心することができます。たとえば勾留されている時に、いったいいつになったら釈放されるのか?
素人が六法全書を開いても、どこに書いてあるのか皆目見当もつきません。

それが弁護士であれば六法を見なくても、あっさり教えてくれるわけです。
また、罪の内容によって詳しい弁護士に相談したほうがいいでしょう。たとえば、盗撮事件に強い弁護士であれば迷惑防止条例違反に詳しいでしょうし、離婚に強い弁護士は、親権だとか面接交渉に詳しいはずです。

Written by youare on 8月 21st, 2013